プロフィール

よもぎ

Author:よもぎ
FC2ブログへようこそ!

gremz

最新記事

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

moon phase

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

カウンター

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

石の下にも5年かも
慢性疲労症候群と診断されてから、いろいろな方面に関心が広がりました。石の下に閉じ込められている方々が大勢いらっしゃるのだと思います。病名にこだわらず、思うことを記していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が増えていくまでの経過(1)
またまた、時間が空いてしまいましたが(^^ゞ
とりあえず、前記事の続きです。

脳は、「わたし」そのものではないとは考えたものの、
やはり、いろいろ考えたり、体の細胞各種に
神経を通して指示を出しているのは脳でしょう。
間違っていても、いなくても(^ ^;)

誤作動を指示している部分があったとしても、
そうじゃない部分も確かにある……というか、その方が多いんです。
たとえば、目をつぶったり、空いたりという動作、
指を動かす、笑う、しゃべる、食べる……こういったことが、私の場合には出来ました。

出来なくなったのは、立っている、座っている、歩くという動作を続けること。
横になってさえいれば、痛みは各所にあっても、いろいろなことが出来ます。
本を支えることはかなり大変になっていたので、
まず、読書スタンドを購入しました。
それから、ノートパソコンを寝たまま使えるような台をあれこれ試しました。
(これは、いろいろ試行錯誤したんですけど、なんどかパソコンが落ちてきたのでやめましたが(^^ゞ)

でも、まあ、読書はできたので、
取り急ぎ、脳のことをまず調べることにしたのです。
それと、これまでは時間がなくて読めず、ただ積ん読になっていた本の山も、
次々に制覇することができる、これってすごいチャンスなので嬉しくなったものです♪
「不可能」っていう言葉に、夢心地にさえなれました。

でも、人によって、出来なくなることは異なりますし、
環境も異なります。特に、子育て真っ最中だと、
そうそう寝てばかりいられるはずがありません。
私は子宮腺筋症(これはこれで!でしたが)で子どもができず、
すでに子宮も全摘してありませんでしたが、
子どもが生まれてからの発症や、これから子どもを生みたい場合は……???

こうしたことも、先々考えざるを得なくなりますが、
ひとまずは自分が出来ることを最大限に生かすことを考えて、
出来ないことは、出来ない!と、きっぱり諦めました。

諦めるって、わりとネガティブにとらえられがちですが、
本来の意味は「明らめる」、明らかに現実を見て、
出来ることと出来ないことを見分けることです。

子どもの頃からそう思っていた私は、
「あきらめないで」という言葉を聞く度に、
けっこう複雑な気分になってたんですよ~(^ ^;)
「いや、それダメでしょ。現実を無視して無理してもいいことないし…」って。

そんなわけで、さっさといろいろ諦めた私は、
大好きな読書に耽溺……しましたが、
これは、夫が一応いろいろ世話してくれたおかげではあります。

洗濯(やや下手)と料理(けっこういい加減)と、
10頭の猫たちの世話(これは信頼できる)をしてくれましたし、
私が発作を起こして、廊下で倒れたりすると助けてくれました。

わが家はもともと主婦と主夫、入れ替え制だったので(^^ゞ
そのへんはスムーズではありましたが、
当時は、私が外仕事担当だったので、収入源が~(><)

でもまあ、クライアントのご理解をいただいて、
細々と続けることが、2年くらいはできました。
打ち合わせは、午前2時~4時くらいという、仰天なイレギュラーぶりでしたけど(^^ゞ

そんな形で、このあと波瀾万丈ながら、
見た目はほとんどじっとしているというCFSとのおつきあいが始まり、
「自分」って一人ではない、ということに徐々に気づいていくことになりました。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。