プロフィール

よもぎ

Author:よもぎ
FC2ブログへようこそ!

gremz

最新記事

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

moon phase

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

カウンター

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

石の下にも5年かも
慢性疲労症候群と診断されてから、いろいろな方面に関心が広がりました。石の下に閉じ込められている方々が大勢いらっしゃるのだと思います。病名にこだわらず、思うことを記していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月の混沌
ついに月刊を超えてしまいました~
この10月は、ほんとにきつかったです。
前半は仕事が超多忙だったので覚悟の上で、
これが終わって、母も一応の安定に至ったときには、
今年初めての心の底からの「安らぎ」を感じられたんですけど、
それはたった一晩のことでした~

最初の打撃は、台風13号
あまり日本では意識されなかったかもしれないです。
でも、10月16日に不意にずし~んと重みが全身にかかってきて、
「な…なにごと?!」と天気図を見たら、フィリピン辺りに大きな
これがほんとに大きくて激しくて、ずっと同じ辺りにいたんですね~

もちろん直撃されてる人に比べれば、とても苦情を言える立場じゃないですが、
日本でME/CFSや脳脊髄液減少症に罹っている人の多くは、
「台風(Typhoon)」と名付けられるトロピカル・サイクロンが発生すると、
すぐに身体で感じさせられるというか、いきなり不調になるみたいです。

今回は母のところにいたので、
アルツハイマー病も同じらしいと知りました。
不調の出方が違うんですけど(母はむしろ活動過多になり、混乱が強くなりました)
症状が深くなる、という点では同じなんですね。

ほかにも、多かれ少なかれ、脳神経に故障がある場合には同じかもしれません。
故障がなくてもやっぱり影響は受けるのだと思いますけど、
気にならないか、偶然と感じるか……でしょうか?
でも、物理的には当然かな、とも思います。
気圧の変動は、血液などの体内水分の圧力も変動させるのでしょう。

この13号、ず~っと猛威を揮っていたようで、
やっと消えてくれた頃には、もう大潮の時期に
そして、が明けたら、今度は72年振りとやらの寒波と14号。

私はろくろく動けない寝たきりに近い日々が続き、
母は意識障害の時間帯が長くなり、不安も強くなって、
昏睡している私をしょっちゅう起こしに来るので、
こちらもいつまで経っても疲れが取れず、
もう、絵に描いたような悪循環でした~
ついに「途中で起こされない方が早く回復するから」と母に言ったところ、
そわそわと部屋の前まで来て、また戻っていく音に気づいてしまうんですよね~
ずいぶん不安にさせていると分かっていながら、
それでも起き上がれない自分まで嫌になっちゃいます。

そして、とってもまずいことに、
私はこんな時期に、減薬にトライしていました

一般的には「抗鬱剤」として知られている
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という薬が、
ME/CFSの場合には、鬱状態とはまったく関係なく痛みを軽減する効果があるとされていて、
実際に始めたときに痛みを半減してくれたので、もう4年半くらい続けています。

10mgで始めたときには痛みの軽くなり具合に「おお!」と思ったんですが、
10mgから20mgに増やしたときにはそれほどの違いは感じなかったので、
減薬プロセス(1~2週間かけて半量にしていく)に従って10mgに戻しました。
そのとき一応、5mgにまで減らしてみたんですが、
当時は5mg錠がなかったので、薬局の人に半分に割るという手間をかけてしまい、
そのうえ、なんだか離脱症状らしき、
大幅な「がっくり感(鬱ではないけれど疲労度アップ)」があったので、
また10mgに戻して、ず~っと続けてたんですね。

とはいえ、だんだん痛みは「あって当たり前」になり、
強いときは強いし、軽いときは軽いというムラがあるのも分かってきたので、
薬なしでどのくらい対応できるのか知りたいという好奇心が出てきちゃったんです~
それで主治医に相談し、ちょうどパキシル5mg錠が発売されたのを機に、
もう一度、減薬プロセスを試してみることにしたわけです。

ちなみに、今、私が服用している薬は下記です。

・補中溢気湯(顆粒)2.5g×3回/日
・メチコバール 500μg×3回/日
・パキシル 5mg×1回/日
・リバロ(高脂血症用剤) 2mg×1回/日
・マイスリー(睡眠導入剤)5mg×1回/日
・サイレース(睡眠導入剤)2mg×1回/日

気になっているのは、2ヶ月ほど前に増えたリバロ……
というか、それまでは異変のなかったLDLコレステロール(いわゆる悪玉?)が、
2ヶ月連続で上がっていたことなんですね。
リバロのおかげなのか先月は正常値になってたんですが、
体重も食生活も変わっていないのに何故? という疑問があって、
「そういえば、パキシルずっと服用し続けてるな~」と気になっちゃったんです。

でも10月は地球も大変そうな状態だったので、
痛みや昏睡が多かったのが、減薬のせいかどうかはまだ判りません。
ふだんは健康な人たちもこの10月にはへとへとだったようですし、
食生活は変わらなくても、生活そのものは激変しているし~

薬と身体と生活、そして地球との関係って、
あきらかにするのは、ほんとに難しいですね。
クリアデータが取ってみたいんですけれど、
自分の身体で実験しようとしてもままならないものです。

11月以降は、例年わりと気圧も安定する(はず)なので、
母には悪いかもしれないけれど、
減薬プロジェクトはもう少し続けてみようとは思っています。
ただ、このところ気になっているのは、睡眠導入剤が効かなくなってきていること。
とはいえ、なぜか夫も母もほぼ同時に効かなくなってます。
これは、いったい……? やっぱり地球のざわめきのせい???

さすがに地球だけには付き合わないわけにいかないので、
こればっかりはしょうがないかも、ですね。
また、明日から(あ、もう今日からか)またですしね、ふぅ~
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。