プロフィール

よもぎ

Author:よもぎ
FC2ブログへようこそ!

gremz

最新記事

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

moon phase

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

カウンター

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

石の下にも5年かも
慢性疲労症候群と診断されてから、いろいろな方面に関心が広がりました。石の下に閉じ込められている方々が大勢いらっしゃるのだと思います。病名にこだわらず、思うことを記していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、今日の今日?
今日、ドライベント(高濃度放射性物質の放出)が行われると発表されましたね。
昨日、河野太郎議員は機密文書として送られてきた、とネットで公表はしていましたが……
それにしても、なぜ、今日の今日? しかも、今日の何時とさえ知らされない。
第一、どうしてこれほど周辺の人にとって危険なことが「機密」なんでしょう?
避難する時間なんてないではないですか!
人が決めて行うことなのに、警告さえしないとは……

福島には、まだ人子どもたちも大勢います。
しかも、原発周辺では風は内陸に向かっている。
もう、行政と電力会社は何を考えているのか、想像を絶します。
危機感を持っている人々の絶滅ですか?
でも、放射性物質は空気中を非常に早く走るんですよ。
もちろん、一番重いプルトニウムだって、
黄砂よりはるかにはるかにはるかに…軽いんですから、どこまでも飛んでいくのに、
まさか本気で、周辺の土地に落ちるだけと信じているんでしょうか?

まあ、こんなネットの片隅の物陰みたいなところで言ってもしかたがないことですし、
できるだけ明るい言葉を発していたかったけれど……やはり、かなりショックです。
でも、もう、止めましょう。哀しいけれど、やっぱり意味がありません。
過去40年も警鐘を鳴らしてきた人がいて、反対運動も続けられてきて、
多くの人が危機感の中で、絶望しそうになる心を懸命に奮い立たせてきたんです。
それでも止まらなかったことが、今さら止まるとも思えません。

日本という国は、国土も含めて、10~30年後にはないかもしれないけれど、
それでも、人も生物すべても、なんとか生き続けていくはずです。
日本の文明は、いつかは謎のフェニキア文明みたいになってしまうかもしれないけれど、
それでもゼロにはならないと確信できます。

前回、記事を書いた日は、このブログを始めて1年目の前日でした。
免疫学者で能の作者でもいらした、多田富雄さんの一周忌でもありました。

じつを言うと、なぜ4月22日という日にブログを始めたのか、
自分では皆目見当もつきませんでした。
あまりにも多くの死と哀しみを処理しきれていなかった私は、
すでに無意識に、4や2という数字を強迫神経症的に避けていたんです。
なのに、なんだってこんな日を始まりに選んでしまったのか……
自分でも不思議でしたし、後悔する気持ちもありました。

でも、多田富雄さんが遺された予言を、
リンクさせていただいている「Coruri時間」で教えていただき、
Coruri時間 「寛容の世界」
20年ほど前に一度だけ読んだことのある多田富雄さんの本を、
今こそ読まなくてはという気持ちになりました。

2001年に脳梗塞で倒れられてからも、
左手だけで多くのご著書を遺してくださったことは知っていました。
そして、もしかしたら多田富雄さんが、中有にいらっしゃるうちに、
できるだけ多くの人の背を押していってくださったのかもしれない、
光栄にも、そのおそらく何百~何千万人の中の、
1人だったのかもしれないと思えるようになりました。

そして、まずは敬愛する柳澤桂子さんとの往復書簡『露の身ながら』(集英社文庫)、
『落葉隻語 ことばのかたみ』(青土社)を読むうちに、
免疫学的寛容という言葉を知りました。免疫トレランスとも呼ばれるようです。
それは、生命活動を強力に保護するとともに、
来るべき崩壊の序奏の準備であることを知って、
予言には、優しく甘いだけではない深みが込められていることも悟りました。

さらに、『免疫の意味論』(青土社)を読み、
CFS/MEや線維筋痛症を含む自己免疫疾患は、
絶えず、体内で免疫の寛容と崩壊がせめぎ合う病と認識しました。
でも、そのおかげで、私は今もまだ、生きている!

こうして『生命の意味論』(新潮社)を読み進んでいる最中に、
3月11日の津波原発震災の日を迎えてしまったのです。

伝えたい言葉が、日々頭の中で大渦となってうねるまま、
インターネットでは多くの情報や警告が発信されていくのを見ていました。
必要なことも、まったく逆のことも過剰に発信されるなか、
いま、情報として発信できることなど、私にはないと痛感していました。
本で得る知識は、誰でもその本を読めば分かるでしょう。
知りたい人には伝わり、知りたくない人には伝わらない。
人は信じたいことだけを信じる……私だって同じでしょう。

今じゃない、今じゃない、と呪文のように自分に言い聞かせ、
とにかく、本気で、さらに日々変わってしまうインターネットではなく、
また、これからでもなく、2011年4月前半以前に刊行された書籍で
勉強するべきときだとひたすら耐えています。
スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。