プロフィール

よもぎ

Author:よもぎ
FC2ブログへようこそ!

gremz

最新記事

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

moon phase

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

カウンター

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

石の下にも5年かも
慢性疲労症候群と診断されてから、いろいろな方面に関心が広がりました。石の下に閉じ込められている方々が大勢いらっしゃるのだと思います。病名にこだわらず、思うことを記していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繰り返したくない過ち
今回は千葉でも、なかなか元気回復できず、
かえって母を心配させています(^^ゞ
ここでは、空の見える窓のある部屋にいられるので、
いつもは、けっこう症状が軽くなるんですけどね~

それはさておき……

広島での原爆投下後に、軍医として治療に尽力された肥田舜太郎先生。
今回の人災後、講演もされているので、ご存じの方も多いでしょう。

30年後にも、後遺症が残っていることに気づかれて、
核実験の停止を訴え続けてこられたそうです。

直接には被爆を受けていなくても、
CFS/MEや線維筋痛症、脳脊髄液減少症によく似た症状で苦しむ方々が、
「ぶらぶら病」と呼ばれて差別されてきたことは、
以前に、リンクしているブログ「∽壺の中∽」の
アクビさんの記事から伺ってはいましたが、
66年も支援を続けていらっしゃった医師の方がいらしたとは知りませんでした。

とり急ぎ、YouTubeで見つけた講演とインタビューを貼っておきます。
ここにいらっしゃる方には、ちょっと長くて見るのも大変かもしれませんが。
ただ……症状として思い当たるところがある方も多いのではないでしょうか?

【肥田舜太郎】低線量被曝とぶらぶら病1

【肥田舜太郎】低線量被曝とぶらぶら病2

【肥田舜太郎】低線量被曝とぶらぶら病3

【肥田舜太郎】低線量被曝とぶらぶら病4

こちらはインタビューです。
この段階では福島のことでしたが、結局は日本全体のことに……
とはいえ、同じ過ちを繰り返して、タブーにしておきたくないですね。

肥田先生のお話1 どのような心構えで福島の人に向き合うか1

肥田先生のお話2 原爆症の人たちとどのように接したか

肥田先生のお話3 被曝者の差別について

人間にも、学習能力があると信じたいところです(^ ^;)
スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。