プロフィール

よもぎ

Author:よもぎ
FC2ブログへようこそ!

gremz

最新記事

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

moon phase

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

カウンター

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

石の下にも5年かも
慢性疲労症候群と診断されてから、いろいろな方面に関心が広がりました。石の下に閉じ込められている方々が大勢いらっしゃるのだと思います。病名にこだわらず、思うことを記していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大潮明け
大潮が明けて、体にかかる負荷が少し軽くなりました。

とはいえ、動きたいと思えるほどじゃないですね。
足先の痛みはそのままの、人魚姫状態(^ ^;)
泡と消えることができなかった人魚姫、その後みたいな~(-_-;)
いや、人魚姫と違うのはそこじゃなくて(そこも大いに違うけど)
歩かなくても痛いところと、足の甲の方も痛いことかな。

でも、この痛みが、細胞が別々に1個ずつ痛がってるって、
じっくり教えてくれたんですよね。

こどもの頃は、よく、土踏まずが裂けたような激痛を感じて、
校庭で、おそるおそる靴を脱いでみてました。
絶対に血みどろになってるはずと確信してたんですよね。
あしのうらを横断して、大きな亀裂ができた感覚でしたから。

「ああ、この靴下かわいくて好だったのに~」なんて思って、
泣きそうになりながら、脱いいでみると、な~んともなってない。
念のために靴下も脱いでみるけど、傷ひとつない。
しかも、だんだん痛みが消えていく……すっごく納得いかなかったもんです。

それを2~3回繰り返して、低学年のうちに、
わざわざ靴は脱がなくなりました。
「あ、まただ」と思う程度で。

だから、足に画鋲がささってもしばらくは気がつかないんですよね。
なんでカチカチ音がするの? って足を裏返すと、画鋲が刺さってる。
「ああ、なんだ」と抜くだけ。クールでしょ (^_-)☆
いや、鈍感に見えるだけか(^^ゞ

そうなんですよね~
あまりにも過剰な敏感の継続は、傍目には鈍感に見えてしまうものです。
そんな痛みを経験したことがない人は、画鋲が足に刺さったら喚きますよね。
子どもだった私には、そういう大人が不思議に見えたものです。

いま、そういう子ども時代を経て、
すでに大人になった人は案外多いんじゃないかなと想像してます。
病名をつけられた人も、病気とは気づいてもいない人もいるでしょう。
見当違いの病名をつけられて、
薬で脳内を撹拌されてしまっている人もいるし、
まったく同じ薬で救われている人もいる、
そこは薬そのものの差ではなく、服用する側の個体差です。

この個体差は、どんなに経験豊かな医師でも学者でも、
外からは知ることができません。
放射性物質に対する感受性も同じです。

では、どうやって自分を知り、他者である子を知ればいいのか?
自分を知るだけでも大変なので、他者となるともっと大変ですね。

とはいえ、自分についてだって、すぐに分かるというものじゃなく、
観察と推測と確認を重ねて、ある程度の経験とともに理解していくものです。

子どもに対しては、大人は観察と推測をしばらく代行しなくてはなりません。
そのうえで、子どもが自分に関する記録を理解できるまで導き、
その先は子ども自身の判断に委ねることが大切でしょう。

親の責任じゃありません。
大人全員の責任です。
スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。