プロフィール

よもぎ

Author:よもぎ
FC2ブログへようこそ!

gremz

最新記事

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

moon phase

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

カウンター

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

石の下にも5年かも
慢性疲労症候群と診断されてから、いろいろな方面に関心が広がりました。石の下に閉じ込められている方々が大勢いらっしゃるのだと思います。病名にこだわらず、思うことを記していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南房は少し涼しいです
今日は移動日だったんですが、昨夜まで、
全然、動けそうな気がしなかったんですよね~
ところが、朝になってみると不思議に動ける。
緊張感でコントロールできる感覚が、少し戻ってきたかしら?
もっとも往路は、ほとんど半睡でしたけど。

最近は、過ごしやすい気温だったせいか、
毎日の電話での母は、あまり不安ではなさそうでしたが、
やっぱりクーラーの存在は忘れていて、
家中、窓全開。「クーラーって何だっけ?」
自宅に比べるとここはやや涼しくて、まだ必要はないけれど、
急に暑くなってきたので、一応リモコンの使い方を説明。
同じボタンを押すだけに設定しておかないと難しいので。

今年は使わない方がいいのかもしれないけれど、
窓全開も心配といえば心配なんですよね。

毎日、2回電話で話しているし、
会話ができるのはとても貴重なことと判ってはいても、
直接話していると、私が誰なのかが混乱してくるのが判ります。

共有していたはずの記憶を話せないことは、
なんというか、深いところで哀しいものだな……と。
それ以上に哀しいのは、母自身が、
有能で行動的で、てきぱきしていた自分自身をあまり覚えていないこと。

たぶん、心細さや多感さが似ているからだと思うんですが、
女学校くらいまでから今がいきなり続いていることが多く、
子育てしながら教師もしていたことが、どんどん少なくなっています。
そこをつなぐために「ドラマ」ができてくるんですね。
震災後、戦時の記憶が強く戻ってきたので、
最近のドラマは悲痛なものが多くなったような気がします。

私も心を鍛えておかないと、同じ話の連打に参りそう~
毎回、楽しそうかつ真剣に聴かないとすぐにバレちゃいますから。

それでも、こちらに来ると、
空の見える大きな窓のある部屋で横になっていられて、
窓を開ける必要も、クーラーの必要も感じなくて済むので、
私の身体は少し楽になります。
前回、それがまったくなかったので動けなくて困ってしまったけれど、
今回は大丈夫そうな気が……と、いったん爆睡してから言ってますが(^^ゞ

母も、長年の間、怖じ気づく気持ちを奮い立たせて、
気丈にてきぱき動いてきたことが、今、まざまざと判ります。
私の年代の頃には、ひとりでどこへでもさっさと出かけ、
東京→小笠原諸島(父の赴任先)→佐賀県(実家)の三重生活。
「おかあさん、今、どこにいるの?」ってよく訊かれたんですけど、
私も把握できていないことが、よくありました(^ ^;)

誰でもそうなのかもしれませんね、きっと。
そのときには怖じ気づく気持ちなんて、
行く先々で起こる賑やかなことに隠れて、
小さくて自覚さえしないほどでも、
全然ないっていうわけじゃなかったんだな~と思い知ります。

こんな病気が、若いうちに発症するようになったことは、
信じられないくらい哀しいことです。
以前は、こんなことはなかったはずなんですよね。

老年期にはあったけれど、発症平均年齢が54歳なんて。
若い人が少なくなっているというのに、
54歳を境に発症している人が同数ということですから、
若年層にどれほど増えているのか……

周囲の理解やケアがどんなに充実して、
少なくとも日常の不安は取り除けるようになっても、
本人の心の奥の悲哀はどうしても消せないことが、
身近にいればいるほど判ってしまいます。

母には間に合わないかも知れないけれど、
早く完全な治療ができるようになることを祈っています。
すごく多くの最先端の研究者が探求を続けているので、
いつか必ず、その日が来ると信じています。
スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。