プロフィール

よもぎ

Author:よもぎ
FC2ブログへようこそ!

gremz

最新記事

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

moon phase

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

カウンター

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

石の下にも5年かも
慢性疲労症候群と診断されてから、いろいろな方面に関心が広がりました。石の下に閉じ込められている方々が大勢いらっしゃるのだと思います。病名にこだわらず、思うことを記していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樹齢1000年の芦生杉に会いに
ああ……またgremzが萎れている……(-_-;)
1本の木を植えていただくことさえ、ままならない私ですが、
素敵なイベントのお話を知りました。

京都の芦生杉に会いに行くウォーキングだそうです。
先日、ご紹介した守田敏也さんのブログ(リンクさせていただきました)に、
8月27日の詳細が紹介されていました。参加費7000円だそうです。
深い自然の中のさまざまな発見や、安全な歩き方を知るよいチャンスですよね。
詳しくは、守田さんのブログをご覧ください。

明日に向けて(226)

動けるなら私も行きたい!と、すごく思ってしまいました~
大きな樹木に触れることって、とても力をもらえることですから。

私が小さな頃には、東京のわりに近所にお寺や神社があったので、
お気に入りの大銀杏など大木がたくさんあって、よく抱きついていたものです。
不思議に温かく、夏は大きな木陰が涼しくて、とても安心できるんですよね。
あの大木は、たぶん今もある……と思うんですけれど、
今の関東ではあまりおすすめできません。ほんとに哀しいことです。
でも、京都ならまだ大丈夫、思いきり深呼吸もできるはずです。

関東圏の方には、特におすすめです。
一瞬離れるだけでも、かなり全身がほっとするかもしれません。

これから生きていくためには、
放射性の原子たちを敵視ばかりしていないで、
徐々に、徐々に、仲よくなっていくしかないとは思っています。
いつまでも「汚染」なんて呼んでいられない、それが新しい空気です。
「除染」が必要というのも……原子レベルでは消せないんですから、
つまりは拡散して薄くするか、どこかに移動するかだけ。

はっきり言えば、もう「安全」はあり得ません…けれど、
実際には66年前からなかったんです。
人間だけが「安全がある」と幻想していただけです。

だから、知らずしらずのうちに私たちは、
ある程度は、ヨウ素はもちろん、セシウム、プルトニウム、ストロンチウムも、
摂取したり、身体を通過させたりしてきたし、
それで病気になった人もたくさんいるんです、とっくにね。

ただし、今ほど人工放射性物質が、長期にわたって濃くなっていることは、
哺乳類史上では初めてでしょう。
だから、東北~関東圏の人が、いきなり仲よくなるのは絶対に無理!
できる防御はなるべく心がけつつ、
新たな空気と仲よくなれる身体を作っていくしかありません。

でもね……たとえ人工放射性物質がなくても、
世界って安全であり得るでしょうか?

私は「安全」ってあり得ない言葉だと、とずっと思ってきました。
生きることって、いつも危険で当然ではないですか?
大自然の中だって危険はいっぱいあって、次の瞬間のことなんて判らない。
それなのに、どうして「安全」を脅かされると人は怒るのか?
私には、その「怒り」の方がいつも不思議でした。

疲れてきたので、このことはまた改めて書きますね~
スポンサーサイト

テーマ:「生きている」ということ - ジャンル:心と身体



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。