プロフィール

よもぎ

Author:よもぎ
FC2ブログへようこそ!

gremz

最新記事

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

moon phase

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

カウンター

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

石の下にも5年かも
慢性疲労症候群と診断されてから、いろいろな方面に関心が広がりました。石の下に閉じ込められている方々が大勢いらっしゃるのだと思います。病名にこだわらず、思うことを記していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成熟した社会を創るために
このところ、しきりに思い出す映画があります。
1971年の『動物と子供たちの詩(うた)』
カーペンターズの歌う美しく優しい主題歌に惹かれて、
動物のことばかりが心配だった高校生の頃に観た映画です。

ハッピーエンドだろうと思い込んでいたし、
何か世界を変えるヒントがもらえるかもしれないと思っていたので、
見事に期待とは正反対のエンディングに、深い哀しみばかりが残りました。

アメリカの、鍛え上げ型のサマーキャンプで落ちこぼれになっている子供たちが、
遊びで殺されるだけのバッファローの姿にショックを受け、
なんとか助けようと奮闘するストーリーです。
数々のイジメや苦難を乗り越えて、やっとバッファローの囲いに辿り着き、
囲いの扉を空けるんですが……バッファローたちは、全然まったく逃げようとしない。
懸命に外に出そうとしても、いっこうに無反応。
このときの子供たちの呆然とした表情が忘れられません。

そして、結局、子供のひとりがバッファローの飼い主たちに射殺されてしまいます。

幼い頃に読んでショックを受け、一晩中大泣きして親をおろおろさせた、
『フランダースの犬』以来の衝撃でした。

そして今、日本の多くの人たちが、あのバッファロー達のように見えてしまっています。
自分は呆然としているだけの子供のように、どうしたらいいか判らない、何もできない。
動物たちも、子供たちも助けられない……

焦燥感を心に秘めて、笑顔を保って明るくやさしく、
けれど必要な知識だけはきちんと伝えようと、
日々身体を酷使して活動している人々を応援することしかできません。
もっのすごく微力で、無力で、身動きさえとれない自分が悔しくてなりません。

それでも、前回も書いたように解決策はあると思っているんです。

本当はもっと早く、3月後半には始められるはずだと思ってました。
当然、すぐに始められるはずだとさえ信じていました。
でも、そうじゃなかった。それどころじゃなく正反対だった……バカですね、私。
57年も生きて、何度、期待してはがっかりしてるんでしょう。
だけど、期待することはやめません。バカでいいです。

3月後半に、すぐやるべきだと考えていたことを、一応書いておきますね。

1. すべての原発を即刻操業停止にして、専門家は全員、安全確保しつつ事故収束に当たること。
2. 全国の小中学校を1年以上の学校閉鎖にすること。
3. 命に関わらない仕事の企業は営業中止して、社員は被災した人の援助に努めること(もちろん有給で)
4. 医学部、薬学部の入学金はゼロにして、とにかく医療関係者をできるだけ増やすこと。
5. 安心できる土地を確保して(半年前はまだたくさんありました)、子供が食べられるものを作ること。
6. 無電源エアコン素材(既にあります)で住宅をたくさん造ること(家を失った人優先で)
7. どんな障碍があっても自立生活ができる環境を、大急ぎで全国的に整えること。

どれも、ひとかけらも着手されないまま、全国の安心できる土地さえ急速に破壊されている現状ですね。
まあ……国に期待することは不可能と思い知らされましたけど、
それでも、ひとりひとりが出来ることはまだ残っています。

とりわけ、医療知識を、専門家から一般へとシェアすることは重要ではないでしょうか?
医師だからと言って、長く健康でいられる保証なんてないんですから、
できるだけ多くの人が、目の前の病気の人を助けられるようになっておかないと。
そして、障碍のある人を助け、障碍のある人からも助けてもらえるようにしておかないと。

だって、近い将来、誰もが障碍を持つ可能性が高過ぎるんです。
既に障碍を持って強く生きてきた人こそが、これからの指南役、水先案内人になってくださるでしょう。

私はそう確信していますし、それが嫌な未来だとは思いません。
むしろ、ようやく相互に寛容になれる成熟した大人の社会になるチャンスだと考えています。

性懲りもなく、また期待するのです (^-^)

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。