プロフィール

よもぎ

Author:よもぎ
FC2ブログへようこそ!

gremz

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

moon phase

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

カウンター

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

石の下にも5年かも
慢性疲労症候群と診断されてから、いろいろな方面に関心が広がりました。石の下に閉じ込められている方々が大勢いらっしゃるのだと思います。病名にこだわらず、思うことを記していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分が増えていくまでの経過(2)
自分が一人ではないという話の続きです(^^ゞ
こう書くと、なんだか「人はひとりで生きてるんじゃない」的に聞こえちゃいますね(^ ^;)
でも、これはむしろ逆方向かも~

CFSに限らないことですが、
脳神経系や免疫不全系の病気の場合、
前にも書いたとおり、身体の複数の箇所が同時に痛みます。

よく映画などで、ある痛みに耐えるために太腿をフォークで刺す、
みたいなシーンがありますよね。
無麻酔の手術を受けなきゃいけないとか…(それほど多くはないかしら?)
毒をもって毒を制すというか、
より大きな痛みで、別の痛みを瞬間的に感じなくなることって、
確かにあるとは思います。
感覚神経は、とりあえず一番大きな痛みに集中するはずです。

ところが、CFSの痛みときたら、いずれ劣らぬ自己主張っぷりなんですよね。
12箇所なら12箇所全部が、大声で叫んでいる感じが続き、
脳としては、感覚をどう配分していいか解らなくなってるような、
または、感覚配分という作業を完全に放棄しているような……
全部を激痛として感じさせられる身としては「おいお~い」です。
「せめて1箇所に集中してほしいんですけど~」って、切実に思うんですよね。

とはいえ、どうしようもないので、
「私」としては、痛みの分析にかかることにしました。
この頃、痛み止めとしてはロキソニンを処方されていて、
これは、頭痛と歯痛にはよく効いてくれました。
頭部の激痛さえ排除できれば、なんとか分析なんてこともできるようになります。

一番気になる痛みは、四肢末端のものです。
まるで、凍傷で壊死寸前のような痛みなんです。
線維筋痛症と診断された方で「爆弾で足が飛んだような痛みが続く」と表現されているそうです。
私自身は、手足がどんどん分解されていくと感じていました。
でも、どんどん分解されているはずなのに、いつまでもいつまでも続きます。
何日も何週間も、何ヶ月も、何年も……

ある日、あっ!と思いました。
もし、私が「蟻塚」だったら、ずっとこんな感じなのかも、と。
細胞のひとつひとつが「働き蟻」だと仮定すると、
先端はいつもざわざわと忙しいことでしょう。
毎日、出かけていっては戻ってくる「働き蟻」たちの出入りのすったもんだは、
「蟻塚」にもし感覚があったら、相当痛いような気がします。

残念ながら、私は蟻塚ではないので、
私の手先(と足先)たちは、食料は運んできてくれませんが(^ ^;)
でも、空気や光から栄養摂取してくれている細胞は皮膚にいるでしょう。

そしてもちろん、消化器系の細胞たちは、栄養摂取に余念がないはずだし、
そこで分解した栄養をさまざまな形に変えたりして、
新しい細胞が生まれる準備をしてくれている細胞も……

というわけで、ようやく、
「え~と、人間の細胞っていくつだったっけ?」
というところに辿り着いたわけです。

私が生きている以上、60兆の細胞はず~っと働き続けてくれてるわけですよね。
最初はたった1個の細胞だったのに、よくもまあ、ここまで増えて50年以上も維持!
ウルウル感動の瞬間でした~(^ ^;)

そういうことなら、少しくらい文句を言う集団ができても
しょうがないか~ とも思いました、数日間はね。

……しかし、ちょっと待て、です。
このまま痛みっぱなしじゃ、生きていけなくならないか?
いや、生きていけなくなるよ、確実に。なにしろ働けないんだから!
それでいいのか? 細胞たちよ。

いやいや、よくないだろ~
これまで営々と続けてきた努力を無にするつもりじゃないんでしょ?

ここからしばらくの間、「私」は細胞たちとじっくり話し合うことになります。
細胞たちにとっては、「生きていかない」という選択もありだろうとは思ったのです。
いや、必ずいつかはそういう選択が行われることになってます。
生きている以上は、いつかは細胞たちがそれを選択するときがきます。
「私」は、20年間、それを心待ちにさえしていたのです(たぶん鬱状態になってたのでしょう)

でも、でも、でも……
この同時多発の叫び方はなんか違うんですよね~
なんというか「生きるための一斉蜂起」感が満々です。
おそらく、継続したいからこその「労働環境改善の要求」みたいです。
つまり「このままじゃ死んじゃうからなんとかして~!!!」という叫びらしいんですよね。

う~ん……「私」は別に死んでもいいんだけどな~
いや、むしろ死んだ方が簡単なんだけど~

こんな風に答えてみると、細胞たちはぎゃ~ぎゃ~大騒ぎです。
イタタタタ……ちょ……待って……わかった……降参……
ここまで「」付きで書いてきた「私=よもぎ」は、
細胞の団結力にあえなく敗れたのでした(^ ^;)
スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

コメント
痛みや不快感が一箇所じゃないY(>_<、)Y
私はCFSとも、腺維筋痛症とも診断されてはおりませんが…
痛みや不快感が一箇所なら、そこに神経を集中させないように…
てな感じで、いっくらでも調整できそうなのですが…
それが何箇所も一度にあるから…
脳ミソ自体が、それらの痛みをどう逃がして良いのか判断できなくなってしまうような…

生活していく上での『生きる道』と、
身体そのものの『生きる道』
どちらも必要不可欠で…
私も、その狭間で困惑中(><;)

携帯から絵文字を使うと四角に囲まれちゃうかも…
と思って、絵文字は使いませんでした(^O^)/
[2010/06/03 13:00] URL | 光希 #- [ 編集 ]

ま、結局は……
光希さんもお疲れさま~

身体がなければ、生活もへったくれもないので、
結局は、細胞たちの言い分を聴かざるを得ない……ってか、
聴くもなにも、ねぇ。痛みで来られちゃどうしようもないe-263
まあ、太腿をフォークで刺したらどうなるのかは、
実験したことありませんけど  ←いや、絶対しないけど。

ただ、痛みを出すように指示しているのも、
ほかならぬ脳なんですよね。
犯人=被害者、というミステリー???
というわけで、続きに乞うご期待、なんちゃってe-348

絵文字、光希さんのPCでも□に囲まれちゃってましたか?
私のほうからだと、自分の入れた絵文字は囲まれなくて……
すみません、未だに謎です。いつか解明します……と思いますe-257

続きもいつになることやら~、という感じのぼけぼけの今日です。
[2010/06/03 13:37] URL | よもぎ #f8PV/UZw [ 編集 ]

やっと…
よもぎさん。やっとお邪魔しにきました~!
慢性疲労症候群…。
周囲にその病気と闘っていてう方がいないのでマリオにはあまりよくわかっていないのですけど
ブログでよもぎさんのお付き合いの仕方を教わろうと思います。
ホントに脳って自分であって自分でないのかな?…と
マリオの主治医の話しぶりからも想像しているのですが
どうも自分ではそれが納得いかなくって…(^_^;)
マリオブログで紹介した本もかなりマリオの頭では難しいのですけど
なるほどな、と思うことは多々ありました。
ウマく紹介できないのがもどかしいです。
マリオブログは亀更新ですけどどうぞよろしくお願いいたします。
[2010/06/07 01:05] URL | マリオガール #tlUxLGCw [ 編集 ]

いらっしゃいませ~♪
マリオガールさん、こんばんは~
いらしていただけて、うれしいですe-266

マリオさんは、実際の炎症も多くて大変ですよね(T_T)
とくに、膵臓の痛みって……
一度だけ、膵臓にウイルスが入った風邪……
だろう、たぶん……と言われたことがありますが(これも疑診?)
七転八倒、焼けつく腹痛と嘔吐の連打でした。
短かったので痩せもしませんでしたがe-263
それが慢性だったら……と思うと怖いですv-12

もっとも、それも今から思うと、
慢性疲労症候群(CFS)の症状の一種だったのかもしれませんけど。
CFSは、実際の炎症はないというか、数値に出ないんですよね~
そのへんが診断を困難にしているんですが、
たまたま出会っただけの主治医が、
「数値に出ないから病気じゃないと思っちゃ医者としてダメだよね」
という方なので、ほんとうにラッキーでした。
(そのへんの話は中断したままですが~)

亀度では、私も「ぜんぜん負ける気がしない」という自信?がありますが、
気長におつきあいいただけるとうれしいです。
これからもよろしくお願い致します~e-466
[2010/06/07 01:59] URL | よもぎ #f8PV/UZw [ 編集 ]

初めまして
光希ちゃんのところからお邪魔しにきましたm(._.*)mペコッ

よもぎさんの記事を読んで共感する部分が多々ありました。


>いや、むしろ死んだ方が簡単なんだけど~

ここの部分は全くその通り!です。
簡単には死ねないからこうして生きていますけど。
毎日痛いと、もうやめてくれ~~~~~と叫びたくなります。

またお邪魔します(´ー`)/~~
[2010/06/07 09:11] URL | yucco #3mWTDPNc [ 編集 ]

初めまして、ありがとうございます♪
yuccoさん、ご訪問ありがとうございます!
たぶん、昔、発症当時に、こっそりお世話になってたと思いますe-466

私の場合は、たぶん生まれつきで(いわゆる遺伝子多型だと思います)
病名がない時代に、実際に自死してしまった叔母がふたりいます。
「認められない病」のつらさは、ほんとに深いものですよねv-395

yuccoさんは、交通事故の被害者で、
突然こんな症状の嵐に落とし込まれたんですから、
衝撃と苦しみは測りしれませんe-259

「むしろ死んだ方が簡単なんだけど~」は、
診断確定前には、20年間ずっと感じていたことでした。
いえ、もう少し積極的だったくらいかも。
逆に、病名がついて、いろいろ判ってきて、
いきなり強い「死にたい」感はなくなったんですけど、
今は「死にたくもなし、死にたくなくもなし」くらいですかねv-398

ほんとに長~い年月のつきあいになってしまうので、
時期によってスタンスも変わっちゃうんですけど、
さすがに、いささか甲羅が厚くなってきた歳頃かもしれません。

亀なうえに、話題があっちこっちしてしまうブログですが、
これからもよろしくお願い致しますe-466
[2010/06/07 11:02] URL | よもぎ #f8PV/UZw [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://baikautsugi132.blog24.fc2.com/tb.php/13-c6485ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。