プロフィール

よもぎ

Author:よもぎ
FC2ブログへようこそ!

gremz

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

moon phase

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

カウンター

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

石の下にも5年かも
慢性疲労症候群と診断されてから、いろいろな方面に関心が広がりました。石の下に閉じ込められている方々が大勢いらっしゃるのだと思います。病名にこだわらず、思うことを記していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外な展開
とりあえず、近所の心療内科を探してみると、
自力で(というのは、当時は自転車だったのですが)
行けそうなところは一軒しかありませんでした。
そこで、とりあえず予約して、
ちょっとわくわくしながらその日を待ちました。
なんにしても、まったく新しい経験というのにはわくわくするのは、
まあ、性格でしょうね~

初めて行った心療内科の待合室はとても明るく、
思い思いの場所に座れるカフェのような雰囲気さえありました。

「こういう病院を受診されるのは初めてですか?」と、
これは予約のときにも聞かれた質問でしたが、
ちょっと不思議な気もしますね。
ほかの病院に行って訊ねられる質問ではありませんから。
それだけ、心療内科や神経科は、
まだまだ社会的に敷居が高い、ということでしょうか?

ともあれ、最初に書き込んだ問診票にずらりと並んだ質問……
これを記入を始めて、自分でも
そのたくさんの質問のほとんどに該当してしまうのに呆れました。
当時は記録する必要を感じていなかったので、正確には覚えていませんが、
「頭痛がする」、「めまいがある」、「のどが痛い」、「腹痛がある」、
「非常に疲れる」、「夜眠れない」、「死にたいと思う」………
あらためて訊ねられるとどれもこれも確かに該当していて、
自分でもウソっぽいような気さえしました。

なんだかこの回答だけでも、「不定愁訴」または「詐病」と思われてしまいそう。
でもまあ、事実は事実なので、そのまま提出しました。

ところが、いざ診察となると、「不定愁訴」という言葉はまったく出てこなかったのです。
生活上のストレスにいくつか思い当たるものもあったので、
そんな話を問われるままにしたものの、しゃべり方が脳天気だったせいか、
「死にたいとかはあまり思わない?」と聞かれ、
「いえいえ、もうしょっちゅ~です。毎日思ってます~」と、
鬱病確定のような返事をしたのですが、
「ん~、慢性疲労症候群か甲状腺の機能低下ですね」

へ? 思いもよらなかった診断です。

慢性疲労症候群という病名は知っていました。
少し前に、テレビで、この病気のために、
ブラッドパッチ療法を受けている患者さんのドキュメンタリーがあり、
「君、これじゃない?」と冗談のように言われ、
「まさか~、これほど大変じゃないよ」と軽く返した覚えがあったのです。

「とりあえず、血液検査をしてみる必要があります。
ただ、その検査が保険適用外なんですよね~」
「はあ……(ドキドキ……確かブラッドパッチはものすごく高額だったような)」
「NK活性というのを測るために、5000円かかってしまうんですよ」
「はあ~~~(よかった、それならお財布の中にある)、大丈夫です♪」

確かに、血液検査としては高いのかもしれません。
でも、重々しく保険適用外を告げられたとき
数万円を想定してしまったために、ずいぶんあっけなく思えました。

その後、採血を待っているときに、
受付の女性がわざわざ近くに来られて、
ふたたび「保険適用外になってしまうのですがよろしいでしょうか?」
さらに、採血の際にも、看護婦さんが、
「この検査は……」
ううむ、よほど貧乏っぽく見えたのか、私?
採血だけさせて、支払いしないで逃げそう、とか???
(でも、その場合は検査に出さなければいいだけですよね)

あ、ちなみに、現在はNK活性の血液検査は、
保険適用外ではあるものの3000円に値下がりしました。
(地域によって違いがあるのかもしれませんが)

いずれにしても、このときの印象は、「心療内科ってとっても優しい」でした。
それが大きな幸運だったことには、そのときはまだ気づいていませんでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://baikautsugi132.blog24.fc2.com/tb.php/5-e7f53cec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。