プロフィール

よもぎ

Author:よもぎ
FC2ブログへようこそ!

gremz

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

moon phase

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

カウンター

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

石の下にも5年かも
慢性疲労症候群と診断されてから、いろいろな方面に関心が広がりました。石の下に閉じ込められている方々が大勢いらっしゃるのだと思います。病名にこだわらず、思うことを記していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繰り返したくない過ち
今回は千葉でも、なかなか元気回復できず、
かえって母を心配させています(^^ゞ
ここでは、空の見える窓のある部屋にいられるので、
いつもは、けっこう症状が軽くなるんですけどね~

それはさておき……

広島での原爆投下後に、軍医として治療に尽力された肥田舜太郎先生。
今回の人災後、講演もされているので、ご存じの方も多いでしょう。

30年後にも、後遺症が残っていることに気づかれて、
核実験の停止を訴え続けてこられたそうです。

直接には被爆を受けていなくても、
CFS/MEや線維筋痛症、脳脊髄液減少症によく似た症状で苦しむ方々が、
「ぶらぶら病」と呼ばれて差別されてきたことは、
以前に、リンクしているブログ「∽壺の中∽」の
アクビさんの記事から伺ってはいましたが、
66年も支援を続けていらっしゃった医師の方がいらしたとは知りませんでした。

とり急ぎ、YouTubeで見つけた講演とインタビューを貼っておきます。
ここにいらっしゃる方には、ちょっと長くて見るのも大変かもしれませんが。
ただ……症状として思い当たるところがある方も多いのではないでしょうか?

【肥田舜太郎】低線量被曝とぶらぶら病1

【肥田舜太郎】低線量被曝とぶらぶら病2

【肥田舜太郎】低線量被曝とぶらぶら病3

【肥田舜太郎】低線量被曝とぶらぶら病4

こちらはインタビューです。
この段階では福島のことでしたが、結局は日本全体のことに……
とはいえ、同じ過ちを繰り返して、タブーにしておきたくないですね。

肥田先生のお話1 どのような心構えで福島の人に向き合うか1

肥田先生のお話2 原爆症の人たちとどのように接したか

肥田先生のお話3 被曝者の差別について

人間にも、学習能力があると信じたいところです(^ ^;)
スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

コメント
Amazonにて注文しました(^^ゞ
よもぎさん、おはようございます(*^o^*)オ(*^O^*)ハー

肥田先生の動画を早速見させて頂きました。
どちらかと言うと『耳で聴いて学ぶ』タイプの人間なので、
ジックリ観させて頂きました。

肥田先生のおっしゃる
「どうにもならない」原発

自然に還す事が不可能なモノは
事故が起きた時には、どうにもできない・・・

誰もがなりうる病気を
もっともっと沢山の人に知って貰いたいですよね・・・

仕事をしていた頃は・・・
色々な意味で『伝えていく』事が仕事だと思ってやっておりましたが・・・
何だか・・・今無性に職場復帰して『伝えたい』と感じています(^^ゞ

ま・・・身体が言う事きかないのですがね(^^ゞ
[2011/06/11 11:16] URL | 光希 #- [ 編集 ]

今日はなんだか大変で…
光希さん、コメントありがとう(^-^)/
お返事が遅くなりました。

今日は全国100ヶ所以上だけでなく、香港や台湾、フランスでも、
「脱原発アクション」をしている方々がいるそうです。
昏睡の後、ずっとUstreamを見ていましたが、
どんどん疲労が蓄積してしまいました~

母は、原発のことはあまり念頭にないので、
地震津波災害で被災され、避難されている方々への、
政府の対応の遅さを怒っています……が、
簡単に帰れない事情はたぶん知らない方がいいと思い、
話を合わせるのですが、なにかが私の方に溜まってしまうかも(^ ^;)

私が生まれたばかりの頃に、
大変お世話になった大叔母のお通夜でもあり、
かなり複雑な心境を、行ったり来たりの1日です~
[2011/06/11 17:54] URL | よもぎ #f8PV/UZw [ 編集 ]

慢性疲労症候群とぶらぶら病について
よもぎさん

私のブログへのコメントをいただきありがとうございました。コメント面からここにきました。

慢性疲労症候群で苦しまれているのですね。
御察しの用に、この病や「原爆ぶらぶら病」と症状が極めて似ているようです。
実は先日、肥田先生をインタビューしてきたのですが、そのときにこのことを話されていました。もうすぐ発売の、岩波書店『世界』に掲載予定です。

あと肥田さんの講演「低線量被曝とぶらぶら病」についてもノートテークしてあります。以下をご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/76795db4358864bbe29d8b0a59a05e38
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/b42cc60a413563c3af213596f77bf222

よもぎさんのお身体が少しでもよくなられます世にお祈りしています。

守田敏也
[2011/08/02 18:50] URL | 守田敏也 #uQWvLBGU [ 編集 ]


守田敏也さん

さっそくのコメントありがとうございます。
まさか、ブログをご覧いただけるとは思いもよらず、
うれしく、ありがたくも恐縮しております。
ノートテークもありがとうございます。

肥田先生をインタビューされたとのこと、
じつは私も編集業の末端におりましたので、
羨ましい思いでいっぱいです。
『世界』の記事、楽しみに致します。

放射線傷害による病という推測はしていたものの、
確信を得たのは昨年で、
これからどのように、この推測に事実、データを積み重ね、
また、現に病を得ている方々にネガティブなストレスを最小にしつつ伝えていくべきか、
漫然と考えあぐねているうちに3.11を迎えてしまいました。

3月にいわき市にボランティアに行かれたとのことで、地元の方々の複雑な心中に直接触れられた思いも想像に余りあります。

映画『フラガール』での富司 純子さんの台詞、
「鉱山に入って働いて死ぬのが生きるこだと思っていた」(正確な記憶ではありませんが)、
また、私が子供の頃には、しばしば大きな落盤事故が新聞の一面で報道されていたことなどが次々に甦り、やりきれなさが込み上げました。

守田さんのような方が、渾身を尽くしてくださっていることを知って、本当に心強く思います。
私自身も、ほんとうに微力なのですが、
多面的に、命のある限り、
明日に向けて語り継いでいこうと考えております。
[2011/08/02 20:24] URL | よもぎ #f8PV/UZw [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://baikautsugi132.blog24.fc2.com/tb.php/50-bd8cba1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。