プロフィール

よもぎ

Author:よもぎ
FC2ブログへようこそ!

gremz

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

moon phase

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

カウンター

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

石の下にも5年かも
慢性疲労症候群と診断されてから、いろいろな方面に関心が広がりました。石の下に閉じ込められている方々が大勢いらっしゃるのだと思います。病名にこだわらず、思うことを記していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どれほど狭い場所からでも
17年前の今日未明、当時はまだ徹夜で仕事をしていて、
阪神・淡路大震災のニュースに驚きました。
最初は、規模の大きさに比べて、被害報道の小ささに気を揉んだものでしたが、
その後、次々に大きくなっていく被害の様子、救助のあまりの遅さ……
そしてその後の援助の見当違い過ぎる方向は、
関東に住んで、何もできないまま、心が引き裂かれるものばかりでした。

昨年3月11日には、多くの人があの日を、さまざまな思いで想起したことでしょう。
けれども、昨年の1月17日付けの東京新聞では、
16年前の災禍の影響から立ち上がれずにいる人々、
そうした人々に支援の手を差し延べ続けている人々のことが、
記事として掲載されていて、深く考えさせられたものです。
見えないところで、いわれなき苦しみを背負わされ続けている人がいかに多いことか…

あの頃にはインターネットでのコミュニケーションはまだ一般的ではなく、
ブログやツイッターなどの発信どころではありませんでした。
ホームページで体験した方の記録を読んだことはありましたが、
それはやはり、ごく少数に限られていたものです。

そして、多くの人が、当時の傷を捌け口もなく抱え続けてきたことが、
最近になってようやく垣間見えるようになってきました。

昨年は……
凄まじい津波と地震、燃え続ける市街地という大災害。
癒されることのない無数の悲しみに、多くの温かい心が寄せられたのも束の間のごとく、
原発事故という…長い間恐れられていながら、対策が考えられていなかった最悪の事態。

事故への対策は考慮されていなくても、
半世紀以上の時間をかけて周到に準備されていたのは、
情報の時間差操作、錯綜、驚愕と混乱のなかで決して正解には辿りつけない道筋。

言い換えれば「心に植え付ける恐怖心と絶望のタネ」だったと言えるでしょう。

私もまた、いくたびも心にこの「おぞましい人工のタネ」を播かれてきました。
人工であることに気づかず、根をはびこらせ、繁茂させてしまったこともあります。
「心の病」と呼ばれ得る花をつけ、「希死念慮(自殺願望)」という、
なんとも忌まわしい実をつけるタネです。

なんの罪もない植物にたとえて語るのは気が引けるのですが、
人工物の多くは、植物の生態を模倣して造られていると考えています。
とりわけ心に植え付けられる、人間同士が無自覚に肥やし合ってしまうこの「タネ」は、
その根のはびこり方、抜き難さを思うと、非常によく似ているように感じます。
もともと人の心が持っている成分、原初的な不安感や恐怖心を、
猜疑心や自己否定、他者否定、私利私欲、無関心…等々に分解して養分にしてしまうところも。

でも、だからといって、永劫に取り除けないわけではありません!
あるとき、不意に抜けることも、枯れることもあることを、
個人的には6年半前、51歳になって間もなく、私は身をもって知りました。
信じられないほどスポンッと、一瞬にして消えてしまったんです。
機縁は「自分のせいじゃなかった」という自覚でした。

これだけ、あからさまに操作されていることが解るようになった今は、
むしろ絶望なんて不可能に近くなっていないでしょうか?

これまで「自分の弱さ」とひとり悩んだり、
「気の持ちよう」とか「病は気から」と他人に言われ続け、
心に絶望をはびこらせてしまっていた多くの人々にとって、
「少しも自分のせいではなかった」と気づくチャンスにならないでしょうか?

まだまだ、この「おぞましいタネ」は播かれ続けると思います。
いえ、ますます勢いを増してばらまかれるかもしれません。

けれども、このタネの正体を知っている人は、以前から少なからずいて、
徐々に、大きな力に集結しようとしています。
今回、初めて正体を知って、強い責任感をもって、
どんな状態であっても、相互に支え合える社会を新たに創ろうとしている人々も、
年齢にかかわりなく、次々に立ち上がっています。

天災はどうすることもできませんが、人間の社会は人間が創るもの。
どんなことがあろうと、生きている今を大切にしていれば、
自分を含めた多くの生きる命を支えていける。

自らの守備範囲がどれほど狭くささやかであろうとも、
そこから、新しい、ゆるやかな未来を創っていきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:「生きている」ということ - ジャンル:心と身体

コメント

こんにちは、lilyです。
ご無沙汰しております。

本日をもってわたしは
ブログを卒業することに決めました。
今日まで支えていただいて
本当に有り難うございました。

強く生きていこうと思います。
[2012/09/30 13:51] URL | lily #tq.oYHao [ 編集 ]

今晩は!
私の友は慢性疲労性症候群になり20年経過です。

大阪市立大付属病院はこの病気の専門外来が有ります。

多量のビタミン投与!

そして漢方処方を受ける事により、友人は生きています。
私は彼女の友人で有り続けたいと思っています。
[2013/01/07 19:38] URL | えりこ #d13JL4Hw [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://baikautsugi132.blog24.fc2.com/tb.php/84-100b6d2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。