プロフィール

よもぎ

Author:よもぎ
FC2ブログへようこそ!

gremz

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

moon phase

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

カウンター

最新コメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

石の下にも5年かも
慢性疲労症候群と診断されてから、いろいろな方面に関心が広がりました。石の下に閉じ込められている方々が大勢いらっしゃるのだと思います。病名にこだわらず、思うことを記していきたいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳は「私」ではないらしい
なが~い大潮休みになってしまいました(^^ゞ
大潮で倒れていただけではなく、次から次へといろいろあって、
途中では「やっぱりブログなんて無理かな~」と弱気になったことも。

でも、じつは、常にいろいろことが起こるのは、
私のライフスタイルそのものなんですよね。
私だけじゃなく、多くの人にとって「生きる」ってそういうことかも?

でも、慢性疲労症候群(CFS)という病名がついてから、
痛みという形で、自分がたくさんの細胞で出来ていることを、
文字通り「痛感」しました(^ ^;)

CFSにはいろいろな症状があって、それはまたおいおい書きますが、
一番面白かった(?)のは、
身体の各部分が、同時に別々に痛むということだったんです。

それで、いったい細胞っていくつあるの? と知りたくなり、
調べてみたら、アバウトに言って「60兆!」
うひゃ~、です。私には数えきれません~

でも、痛みとか重みとかは、そんなにはないです(当たり前ですが)
一番症状がひどいときに数えてみると、12個でした。

手先の疼痛両方で2、足先の疼痛両方で2、両目の痛み2で=6。
頭痛、歯痛、腹痛、胃痛、喉の痛みが各1として=5。
全身にかかる巨石のような重さ1(通常がG1とすると、G3~5くらいです)。
6+5+1=12。

それぞれの痛みには、どのくらいの細胞が関係しているんだろうと思うと、
かなりの数のはずですよね~(繰り返しますが、私には数えられません)

痛みは1つの脳が感じていますが、
CFSという病気の性質上、もともとはその脳が、
「痛みなさい、重く感じなさい」などの複数の指令を同時に出して、
そのフィードバックを同時に感じているわけでしょう。
脳にしてみれば、予定通りの結果でオッケー♪ というわけなんですよね。

その脳=自分、と考えることはとってもできません。
むしろ「おいおい! なにやってんの?」と文句の一つも言いたくなります。
いや、痛みがひどくなってくると、頭蓋骨から取り出して喧嘩したくなってきます。
こんなに同時に誤作動するようでは、
「壊れたから交換」とか、したくもなるっていうもんです(^ ^;)

でも、ほんとに壊れたのかしら?

そういう疑問が出てきたのは、
まあ、けっこう脳と言い合いを繰り返した後、
「おまえなんか私じゃない!」と100万回も叫んだ後ですけれど、
現実の時間としては、診断確定から半年くらい経った頃でした。

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。